今村明恒
いまむら あきつね
IMAMURA Akitsune
 
1870-1948
薩摩藩士今村明清の三男として、鹿児島県鹿児島市に生まれる。
明治・大正・昭和を通しての代表的な地震学者、とくに地震予知研究の先駆者。また、震災軽減対策の啓蒙者。

経歴と業績

 1891年(21歳)、帝国大学理科大学物理学科進学、94年に大学院に進学し、発足間もない地震学講座で研究を開始する。講座職員(無給)として地震観測所の一つを担当しつつ、1896年から1923年まで、陸軍教授として陸地測量部で数学を教えて生計を立てる。  1899年、三陸津波の原因として海底の地殻変動説を唱える。1905年の投稿記事の中で、将来起こりうる関東地方での地震への対策を訴える。「ホラ吹きの今村」と中傷されるも、彼の警告は1923年におきた関東大震災によって現実のものとなる。
 その後は、「地震博士」として幅広い震災対策を呼びかける一方で、現在の「地震学会」設立、ならびに学会誌『地震』の編集に尽力する。また、地震発生が予想される南海道地方に私設観測所を設置し、当地に震災対策を訴え続けた。
(写真:河角広「訃報 今村明恒先生」『地震』18より)