大森房吉
おおもり ふさきち
OMORI Fusakichi
 
1868-1923
福井県福井市に生まれる。
明治・大正時代の日本の地震学の指導的研究者の一人。

経歴と業績

 福井藩士大森藤輔の五男として福井城下に生まれ、1890年に帝国大学理科大学物理学科を卒業し、研究科に進学して地震学と気象学を専攻する。1895年から2年間ヨーロッパに留学、97年の帰国後ただちに東京帝国大学教授として地震学講座を担当することになる。翌1898年に水平振子地震計を考案し、これは大森式地震計として欧米で高く評価される。さらに翌1899年には早くも、自らの地震計による観測の結果から、震源までの距離を簡便に求めることのできる大森公式を発見している。1903年には国際地震学協会が設立されるが、この設立委員会に大森は田中舘愛橘と共に出席し、田中舘は副議長を務めている。大森はまた震災予防調査会の仕事として、1918年には「日本噴火志」をまとめている。地震学講座の助教授の今村明恒とは何度か意見の対立もあったようだが、1923年の関東大地震を出張先のシドニーで知り、急遽(きゅうきょ)10月に帰国した大森が脳腫瘍の悪化で11月に亡くなる前に後事を託したのは、やはり今村であった。
(写真:福井市ホームページ「福井市歴史人物ガイドブック」より)