長井長義
ながい ながよし
NAGAI Nagayoshi
 
1845-1929
阿波国(現在の徳島県)徳島城下常三島長刀丁に生まれる。
明治・大正の薬学界で活躍した有機化学者。初代の日本薬学会会頭。

経歴と業績

 1845年6月20日、徳島藩医長井琳章の長男として出生。1866年、長崎の精得館に赴いて、オランダ医のボードウィンに化学を、マンスフェルトに臨床医学を学んだ。ついで1869年、上京して大学東校(のち東京大学医学部)に入学。翌1870年には政府の留学生(医学)としてドイツに留学し、ベルリン大学のホフマンに師事して有機化学を専攻した。1884年に帰国して大日本製薬会社の製薬長に就任。同時に東京大学教授として理学部で化学を、医学部で薬化学を教え、内務省衛生局東京試験所所長を兼任。1886年、東京化学会会長。1888年、日本薬学会会頭(終身)。1901年には日本女子大学の創立に尽力し、化学を講義。『日本薬局方』の編纂にも寄与。理学博士(1888年)、薬学博士(1899年)。エフェドリンの発見をはじめ数々の研究業績を残した。1929年2月20日没。享年86歳。
(写真:金尾清造『長井長義伝』日本薬学会(1960年)より)